事務の派遣で働く|魅力を感じた求人にはチャレンジすべき

アピールしやすいよう作成

履歴書

決まりがない

求人に応募をするとき、まずは書類審査を行うところが多いです。事前に書類を送るように言われたり、面接の時に持ってくるように言われるときもあります。事前に提出するときは書類審査に通れなければ次の段階に進めません。つまりは書類が非常に大事なります。過去に職歴があるなら履歴書の他に職務経歴書を一緒に添付するのが一般的になっています。フォーマットがあればそれに従って作成すればよさそうですが、それができるかどうかです。履歴書といえばある程度フォーマットが決まっています。市販もされているのでそれを使えます。しかし職務経歴書は特にフォーマットが決められていません。ではどうするかですが、一応自分で自由に作成できます。履歴書は自分の学歴や職歴、志望動機など仕事に直接関係ない部分の記載が多くなります。一方職務経歴書にはこれまでしてきた仕事などを書いてアピールの材料にします。一応参考のフォーマットはありますが、それを利用しないといけないわけではありません。職務経歴書のフォーマットは自由に決めて作成、提出ができますが、自分自身にとって見やすければいいわけではありません。いかに採用担当者が読みやすく、職務の経歴が理解しやすくなっていて、実際に会ってみたいと思わせるかを考える必要があります。手書きで書いても良いですが、ワープロなどできれいに作成した方が見やすい時もあります。時系列にこだわる必要はなく、アピールしたい職歴があればそれを中心に構成する方法もあります。